« 茗荷の花 | トップページ | 道はガラガラ、風はジットリ »

2009年8月12日 (水)

昔民間といっても

東日本高速道路の八木重二郎会長が高速道路無料化を

否定しているようなのですが、ETCの積極的導入や

ETC割引にはなぜ否定的な言及がないのでしょうね?

渋滞緩和もそのメリットとしてあげていたETCですが

首都高なんて間違いなくETCレーンが大混雑していて

一般のレーンなんて数台がすり抜けるようにして通る

だけですよ。そういう事に対しては何の言及もなくて

1,000円の事も否定したなんて話全く聞こえてきませ

んがどういうことなんでしょうね?運営費、収受員の

方々のことを本当に考えているのか疑問に思わずには

いられません。維持管理に多額の費用を要するという

事は、高速道路建設当時でも十分過ぎる程分かってい

たことで、当時前提としていた無料化については完全

否定というお立場なようで。。。そりゃ稼げるところ

で稼ぎたいですよね。それってつまり合法。。。。。

|

« 茗荷の花 | トップページ | 道はガラガラ、風はジットリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

つまりは自分の利権なわけで、国土交通省の重要な天下り先なわけで、お役人の都合を民間?の口から言わせているだけのような…。
利用しない方への配慮とはいいますがトラック輸送の恩恵を受けていない方はほとんどおられないわけですから目先のレジャーなどの利用だけを見ての発言は?がつくと思いますが。
当初想定は建設費用がペイできたら順次無料開放のはずでしたが費用プール制なんて物を作ったために永遠に無料化されるはずもなく。本来なら東名なんてとっくに無料のはずなんですけどね。

投稿: けんじ | 2009年8月13日 (木) 11時10分

けんじさん>
明らかな搾取宣言ですよねw

投稿: boo | 2009年8月13日 (木) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522070/45909917

この記事へのトラックバック一覧です: 昔民間といっても:

« 茗荷の花 | トップページ | 道はガラガラ、風はジットリ »