« 山本屋本店(第一山本)桐生【1】 | トップページ | 桐生の歩行者用信号 »

2010年10月16日 (土)

山本屋本店(第一山本)桐生【2】終

03to_2

天丼がかなり美味しかったので、当然

うどんも大きな期待を抱いて頂きまし

た。が、おやおやおやおやおやおや?

ガッチリとした歯ごたえを期待してい

た為なのか、ビックリするくらい拍子

抜けする細く柔らかいうどんでした。

しかしなぜでしょう?二口三口と食べ

ているうちに、この柔らかいうどんの

モッチリ感にはまっていくのです。

しかしセットのミニうどんしか食べら

れないのでは悔しくて仕方がありませ

04ho

ん。ということで“もり”も一枚頂く

ことにしました。うどんは食べやすい

様に一口ずつにすくえるようになって

います。ずるりとやりますと、やはり

もちもちのうどん。正直絶品ではあり

ませんが、新しい発見をさせてくれた

うどんでした。店主はかなりの話好き

で、こちらが食べている間中色々と話

をしてくれます。名古屋の山本屋さん

の話もでてきましたが、さすがに全く

逆の路線をいくうどんですから、店主

が食べた時はその生煮えな食感に閉口

したそうです。しかし八丁味噌仕立て

の味は絶賛していました。


小さなお子さんやお年寄りだったら、

きっと桐生の山本屋さんを選ぶだろう

な。ツルツルシコシコが絶対という事

はないのだと思い知らされました。

|

« 山本屋本店(第一山本)桐生【1】 | トップページ | 桐生の歩行者用信号 »

XL883R」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522070/49742945

この記事へのトラックバック一覧です: 山本屋本店(第一山本)桐生【2】終:

« 山本屋本店(第一山本)桐生【1】 | トップページ | 桐生の歩行者用信号 »