« 2015年1月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月20日 (水)

渡良瀬遊水地

渡良瀬遊水地に行ってきました。
と言っても、いつもの『うどん、蕎麦、ラーメンツーリング』の帰り路に立ち寄っただけなのですが。
しかしこの遊水池。


01


誤字だと思っていました。
だって遊水池でしょ?遊水地なんておかしいよと。
でも遊水地なんですね。なるほど。


02


まぁダム湖みたいなものですよね。
この日はそこそこの風があり、ウィンドサーフィンをやっていたりして、なんだかのんびりした時間が流れていました。
ツバメは忙しそうに飛び回っていましたが。


03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何かとお騒がせな東芝さんですが

うちのデジカメはeye-fi非対応。
なので基本的にはSDカードをパソコンに挿して、画像を取り込んで削除したり編集したり。

自分としては、スマホではなくて、デジカメで撮影した画像をInstagram等でリアルタイム投稿してみたかったのです。
出先で撮った写真も、一度帰宅してからパソコンに取り込み、そこからスマホに転送してその後にInstaという流れでしたから。

以前からFlashairというのがあることは知っていましたが、『撮った画像が全部オープンになってしまう』とか『不安定でどうしようもない』とか、あまりいい話は聞きませんでした。
しかし最近になって検索しなおしてみると、どうもハードウェア的にもバージョンを重ねる度に良くなっている様子。

01_2

試しに買ってみました。

早速設定して試してみましたが、かなり快適っす。
ただ写真を撮るだけならいままでと変わりません(これも重要)が、カメラとスマホがWi-Fi接続できるまでの時間がそこそこかかります。それでも出先で転送できるのはありがたいですよ。SDカードを抜き差しすることを考えたら利便性向上し過ぎな感じです。

ただ、うちのMacOSXでは動作が不安定なようで、スマホとは簡単に接続できるのに、MacへはSDカードを物理的に挿してデータ転送しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

けやきひろばビール祭り

さいたま新都心のけやきひろばでは色々な催し物が行われていますが、やはり楽しみなのは『けやきひろばビール祭り』ですね。
日本全国の地ビールや世界のビールを楽しむことができますし、おつまみも充実しています。
何より日比谷や横浜で開催されているオクトーバーフェストに比べて圧倒的にリーズナブルなんです。

そしてもちろん明るいうちから飲み比べスタート。

01


02


飲むのも楽しいですけど雰囲気も。
みんな楽しそう。


03


04


05

全員酔っぱらいというのが少し怖くもありますがw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

薔薇なんぞ

バイクでふらふらと、うどんや蕎麦、ラーメンなどを食べ歩くのは癖みたいなもので、どうもやめられないんですよね。
また、当然出先で写真を撮ったりするわけですが、最近はスマートフォンだけでなくデジカメも結構な頻度で持ち歩いています。
先日は伊奈町制施行記念公園に立ち寄ったところ偶然バラまつりが開催されていたので。

01


02


03


ライトアップなんかもあるみたいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

たまには花なんぞ

GWは晴れの天気が続きましたが、4月末にネモフィラを見に行ってきたので、折角ですので写真を載せておきます。
あ、有名な茨城ではありませんが。

01

ネモフィラと言いながらこの花なんて花?
シラン
という基本的なオチから

02


03


04


05


ハチさんがGWだというのに忙しそうに働いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

Sportster ブレーキパッド交換

思い出したことがありまして。
XL883Rのリアのブレーキパッドを交換したのです。
で、ならし運転がてらどこか行きたいなぁと調べていたら、弘前の桜をみつけたのです。
なので、こっちの方がツーリングよりも先でした。

今回はDAYTONAにしてみました。

01

02

交換して2,000km以上走りましたが、今のところ問題はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

何となく青森まで走ってみる?ツーリング【7】終

岩木山をのんびり一周すると丁度お昼になりますので、昼食をどうするか考えます。
帰りも700km以上運転しなければなりませんし、そんなに昼食に時間を割く訳にもいきませんので、またまたラーメン屋さんを探してみますw
弘前は煮干しラーメンなるものが有名らしく、繁盛店も多いようです。
その中で『たかはし中華そば店』さんに行ってみることにしました。

01

開店時間を少し過ぎた程度でしたが満席。さすがですね。
しかも後から後からお客さんが途切れません。
これは期待が高まりますよね。

02

中華そばを注文。
スープの中にキラキラしたものがたくさん浮いています。
これこそ煮干しなんですね。

03

東京でもこれだけガッツリ煮干しとうのはお目にかかったことがありません。
煮干しラーメンを堪能して帰路につきます。
大鰐弘前から東北道に乗りとにかく南下しますが、往路よりも復路は疲れが出て眠くなるものなので、一つおきにPA・SA寄るくらいのペースでのんびり進みます。
特に渋滞などもなく順調に帰宅。

今回のツーリングはよく走りました。
西の方に向かうと名古屋や大阪など混雑するところがありますが、東北道はその点流れが良いので走りやすいですね。
これだけ長距離になると、風による疲労の度合いが大きく、トラックの後ろで少し風が弱まった状態が休憩のような感じでした。
モーターサイクルに乗っている感は風を感じるのも含まれますが、さすがにフェアリングの必要性を考えました。
虫攻撃にも有効ですしねw

とりあえずなんとなくのツーリングでした。

05

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

何となく青森まで走ってみる?ツーリング【6】

さて出発。
途中岩木山が見えてきました。
この後ずーっと岩木山が見えていましたが、この辺りの人達にとって岩木山は所謂心のふるさと的なものなんでしょうね。

01

弘前城周辺はさすがにかなりの渋滞。
駐輪場が見つかりません。
市役所の駐車場で誘導していた人に「バイクはどこに置けばいいですか?」と聞くと「そこの自転車置き場に置いて」と教えてくれました。
なので結局駐輪料金は無料。ちょっとラッキーでした。
桜の状態は染井吉野に関しては葉桜でかなり散ってしまっていました。
散った花びらがお堀に浮いてこんな状態に。

02

遅咲きの桜は満開でした。
風が吹くと花びらが舞います。

もっと満開状態を想像していたので少し残念でしたが、それでも十分綺麗な桜を堪能して、岩木山一周へ向かいます。
岩木山一周ルートは空いていて、ノンストップで走ることができますが、たまに雪解け水で路面が濡れていて、その度に徐行して泥はねを抑えますが、あまり効果はなくかなり汚れてしまいます。

いつも思うことですが、同じルート・速度でも、国産のバイクだとこんなに汚れることがないんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

何となく青森まで走ってみる?ツーリング【5】

ホテルは隣の部屋がシングルのはずなのに夜中に数人で随分盛り上がっていましたが、誰かに注意されたのか突然静かになりまして。おかげでぐっすり眠ることができました。

翌日は近くの善知鳥神社を参拝。

01

立派ですね。

02

なぜか絵馬がリラックマです。

03

桜はぼちぼちな感じです。

朝食は7:00から青森魚菜センターで“のっけ丼”を頂こうと計画していますが、
・7:00からのっけ丼を食べる
・ホテルに戻って準備をする
・弘前城へ向かう
と無駄が多くなるので、早々にホテルに戻ってチェックアウトが6:45になるように出発準備をします。
こうすれば
・7:00からのっけ丼を食べる
・弘前城へ向かう
とホテルへ戻って出発準備をし、チェックアウトするという時間が節約できます。

04

「追加料金はございません」とのお墨付きを頂いてチェックアウト完了。
青森魚菜センターへは5分程で着いてしまいました。
帆立を並べている人に駐輪場を聞くと「そこに停めときな」と自転車の隣を指差します。

05

ここでいいのだろうか?と感じながらも、指示された通り自転車の隣へ。
のっけ丼はまず540円分か1080円分のチケットを購入し、そのチケット1枚で丼にご飯をよそってもらいます(大盛りだと2枚)。
お店を見て回り、食べたいものをチケットと交換して丼の上に乗せてもらいます。

06

07

あと1枚欲しいとか、5枚もいらない場合はチケット1枚110円で買うこともできます。
帆立の貝柱はチケット1枚で「ひもは食べられるかい?」と聞かれたので「大好きです」と答えるとこれでもかと乗せてくれました。しじみ汁は1枚、ウニは3枚と高級品です。

08

のっけ過ぎ感がありますが、こんな感じで頂きます。
場内にはテーブルとイスが設置されているところが数カ所あり、そこに醤油やわさび等も置いてあります。
お腹も膨れたところで次の目的地弘前城へ向けて出発準備。
すると通りかかったおじさんが「これはディスクブレーキかい?」と聞いてきました。
いい感じの訛り具合で、多分それでも訛りを抑えて喋ってくれているんだろうなと伝わってきます。
少しおしゃべりをして気分よく出発です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

何となく青森まで走ってみる?ツーリング【4】

01

青森駅に着いたのは20時少し前でした。
いかにも地方都市といった風景…どこに行っても同じような駅前ですよね。
青森駅前からホテルまでは歩くにはそこそこの距離。
「これが安い理由なのね」とつぶやきながらホテルにチェックインするためにフロントへ。
なかなか立派なホテルです。
虫だらけの革ジャンオヤジがうろうろするような雰囲気ではありません。
そして駐輪場へ案内されるわけですが、ベテランツアラーならば何度か経験していると思いますがいつのも特別枠です。
バイクは裏手や地下の従業員しか出入りしないようなシャッターの中へ停めておくのです。

07

しかも今回は夜間は開けませんというシャッターの中ですから、盗難やいたずらのの心配はほとんどありませんから嬉しいのですけどね。
早速部屋でシャワーを浴びて駅前にくり出します。

02

駅前は…まぁ人いませんよね。そんなものです。
で、うろうろしたのですが、どのお店も21時にはしまるのが青森ルールのようでして。

03

本当は、地元の飲み屋さんで大将と話をしながら飲みたいところなのですが、諦めて青森のご当地ラーメンでもあります『味噌カレー牛乳ラーメン』を浅利さんでいただきます。

04

自分が最後の客になったようで、着席後暖簾をしまっていました。
それでも数人来店しては「終わちゃったんです〜」と断られていました。
やはり噂の人気店なんですね。
これは期待が高まりますよ!

05

う~~~~~~~~~~~~~~ん
もう食べないかな。

ホテルへの帰り道のコンビニで缶ビールを買って歩いていると、めちゃめちゃ良さそうなお店が。
なんでラーメンなんて食べてしまったのだろう。しかもそのラーメンも美味しくは…
真面目に缶ビールは捨ててでも暖簾をくぐろうかと思ったのですが、深酒になってもいけないと自分に言い聞かせて、やはりホテルに帰りました。

06

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

何となく青森まで走ってみる?ツーリング【3】

01

大間崎をあとにして、今度は南下するわけですが、何しろまだ宿泊先が決まっていません。
むつか青森かどちらかにしようと思っているわけですが、どれくらいの時刻になるかが問題です。
そして夜はやはり一杯やりたいなぁとか色々考えながら、それでものんびり(一般道ですし)走ります。

むつに到着したところでまだ南下できそうですし、翌日の余裕を考えて青森駅付近で宿を探すことにします。(ここでかいという感じですが)
何件か電話してみたところで、当日予約限定割引があったのでワシントンホテルに決めました。
もちろんバイクであることと、駐輪についても350円との確認済み。

宿が決まったところで、更にはまなすラインを南下していると、陸奥湾側を通るわけですが、丁度夕暮れのタイミングでしてこんな感じに暮れていくのです。

02


03

先を急ぐとはいえ、これにはしばらくバイクを停めて見とれていました。

04

またまた走り出しますが、ここに来て寒さが増してきます。
まぁ太陽が見えなくなってしまったわけですから当然といえば当然なのですが、この寒さを我慢するのも限界近いし、『翌日の走行のことも考えるとインナーをどうにかするのが正解なんだろうなぁ』と考えているといい雰囲気のプロのお店をハケーン。
ワークマンなんてありませんから、ここで物色することに。
寒さの為に写真なんて撮っている余裕もなく1k円程でインナーを購入。
その場で装着します。
走り出してびっくりですよ。
一枚増やしただけで寒くないどころか、あったかいんだから~的なw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 8日 (金)

何となく青森まで走ってみる?ツーリング【2】

盛岡ICを過ぎると東北道と八戸道の分岐が待っています。
東北道をそのまま進んで予定通り弘前城に向かうか、八戸道を進んで初日に本州最北端の大間崎を制覇するか。
往路と復路とどちらを長くするか考えるわけです。
初日の夜は街で一杯やるのが自分風ツーリングですから、翌日の朝はそんなに早い時間からスタートはできません。
しかし今回の場合、スタートが遅くなったところで帰宅時間が遅くなるだけ(翌日はホテルのチェックインとか気にしなくていい)なので、むしろ青森の夜を堪能するためには初日の走行時間を減らし、早めにチェックインしてしまうのが得策でしょう。
ただ、岩木山一周については時間が遅くなり暗くなってしまうと、折角の景色が見えなくなってしまうばかりか、夜の山道はさすがに危険ですので、どちらのルートを選択するかが重要だったりするのです。
そして『安全第一』。夜に初めて走る山道はやはり危険だと判断しまして、初日に大間崎ルートを選択しました。
安代JCTから八戸道へ進むことに。
下田百石から八戸道を離脱。R338を北上していきます。
下北半島は高速道路がありませんが、交通量も少なく信号もないので高速道路と変わらないペースで進みます。

01

この辺りが六ヶ所村。
最終処分場問題で有名になってしまいましたよね。
大間崎まではまだまだ。とにかく北上していきます。
R279の津軽海峡沿いは最高の景色です。
このR279のことを『はまなすライン』というらしいです。
そしてようやく大間崎に到着です。

04

02

不思議なオブジェがあるんですね。

03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

何となく青森まで走ってみる?ツーリング【1】

結構前の話になってしまいますが、距離的にはロングなツーリングに行ってきたので、一応書いておこうと思いまして。

関東ではとうに散ってしまった桜ですが、青森県の弘前城では4/23〜5/6まで『さくらまつり2015』を開催との情報を見て、どうにも一度見ておきたくて青森まで行ってきました。

ちょっとだけ覗く程度と画策したものの、さすがにかなりの距離がありますから、行くなら行くと決めて臨まないと大変なことになります。
そして天気予報を見てみると連日の晴れ予報。
これはきっと弘前が呼んでいるんだと勝手に解釈しまして、更に盛岡までなら日帰りの経験もありますし、とりあえず予定だけたててみました。

【自宅から東北道で大鰐弘前まで行き、そこから弘前城で桜を鑑賞。
その後岩木山を一周して、青森駅付近で一泊。
当然そこまで行くとライダーの“端っこ好き”を抑えることはできないでしょうから、翌日は本州最北端の大間崎まで。
その日のうちに八戸から八戸道~東北道で帰宅。】

とまぁこんな感じで。
そして宿泊ですが、青森駅、弘前駅、むつと三カ所のホテルの予約状況をネットで確認してみると、さすがにこの桜の時期の弘前で空室はありませんでした。
弘前で宿泊ならライトアップされた夜桜も見られるかも?と淡い期待をしていましたが、あっさり断念。
予定通り青森駅の辺りで予約をしておくか悩んだのですが、距離的にも途中で挫折する可能性を考えて、予約なしで出発しました。
というのもこの時点で空室は結構あったのです。

無理せずのんびりスタイルで行くことにしましたので、5時起床とロングツーリングにしては少し遅めの起床。5時半くらいに出発しました。
走り出してみると思いの外寒いのです。一応北上することを考えて革ジャン、革パン装備ですがどうにもならなくて…

丁度阿武隈PAのオープン時刻でもありますので、白河ラーメンをいただきあたたまることにします。

01


02_2

白河ラーメンってこんな感じ…
いやいやPAだから仕方ありませんよね。
カッパも装着しまして、まぁまぁ走れる程度になりましたが、日が昇るとともに暖かくなるはずの気温も、北上することで下がる気温と打ち消されるように体感温度は変わりません。
ずっと寒いってことですね。はい。

青森が近づいてきたところで、実際今後の行動をどうしようか考え始めます。
遅いんですけどねw

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年6月 »